デジタルコンピテンスデイズ(技術展)開催

デジタルコンピテンスデイズ(技術展)開催

2021年11月

先日開催したヨーロピアン・コンピテンスデイズ(ヨーロッパ技術展)の成功を受け、この度スイス本社ではデジタルコンピテンスデイズ(技術展)を開催しました。

デジタルコンピテンスデイズは、場所や時間を問わず、最新のソリューションを紹介するだけではなく、世界中のお客様と連絡を取り合うことができるなど、さらに充実した内容になっています。またデジタルコンピテンスデイズでは、参加者同士が交流することができ、ネットワーキングの場として貴重な機会となっています。ヨーロッパのコンピテンス・デイズと同様に、ご興味をお持ちいただけるよう多彩な生産分野のテーマ3本立てでお送りします。

バイストロニックCEO Alex Waserからデジタルコンピテンスデイズ開催挨拶、そして司会はGerrit Gerritseが担当

マニュアル生産

本年のデジタルコンピタンスデイ(技術展)は、CEO Alex Waserの挨拶と本イベント司会のGerrit Gerritsenにより開催されました。1日目は、マニュアル生産に焦点を置き、レーザ切断と曲げ加工のデモからその柔軟性を紹介しました。新製品のByTube Star 130は、パイプ加工のための究極のソリューションで、ByBend Starの参考出展と並んで、今回の展示会におけるハイライトになりました。この「マニュアルによる生産」では、ソフトウエアBySoft CAM BySoft TubeMasterのプレゼンテーションで締めくくられました。

ByTube Star 130

自動化生産

24時間体制の効率化バイストロニックのモジュール式の自動化ソリューションなら狭いスペースでも実現可能です。デジタルコンピテンスデイズ(技術展)の2日目は、インテリジェントなソフトウェアソリューションとコンパクトなカッティングセルやベンディングセルをベースにした自動生産を中心に紹介しました。特に、ByStar FiberByTrans ModularBySortByTowerで構成されたCutting Cellは大きな注目を集めました。更にサービスやサポートの分野でも、あらゆる要求に応える最適なソリューションを紹介しました。

Cutting Cell

スマート・プロダクション

世界最高水準の機械、自動化された生産セル、インテリジェントなソフトウェアからスマートファクトリーに至るまで、将来を見据えた準備をご紹介。最終日のデジタルコンピテンスデイズ 3日目は、スマートプロダクションへの道を切り開く、材料からデータフローを完全に統合するソリューションに焦点があてられました。 

Smart Factory Solutions

第 1 回デジタルコンピテンスデイズの成功

世界中から多くの参加者が集まり、デジタルコンピテンスデイズ(技術展)のデジタル化が成功に終えることが出来ました。遠隔からの参加者と当社プロダクトマネージャーが一緒に交流の場を設けられ刺激的な時間を共有することが出来ました。本デジタルコンピテンスデイズ(技術展)は、会期終了後もオンデマンドでアクセス可能です。

クッキー(Cookie)設定

Bystronic は、ウェブサイトの運営を保証するための「必須クッキー」、ウェブサイトでのお客様の体験を最適化するための「プリファレンスクッキー」、およびソーシャルメディアなどでのマーケティング活動をパーソナライズするために第三者によって使用される「マーケティングおよび分析クッキー」を使用しています。
お客様は、各ページの下部にあるリンク「クッキー設定」をクリックすることで、いつでもクッキー設定を変更することができます。クッキーに関する詳細情報は、当社のプライバシーポリシーをご覧ください