板金加工業界のデジタル化

板金加工業界のデジタル化

2020年11月

板金加工の分野でも、デジタル化が当たり前になって久しい。CCソフトウェアサービスの責任者であるAlberto Martínez氏は、Bystronicはこの分野のリーダーの一人であると述べています。

板金加工分野でも、デジタル化が進んでいます。ドイツ業界誌 「Blechnet 」と 「blechnet.com 」は、今日既に実現している点、デジタルプロセスチェーンを導入する際に重要な点、ユーザーのメリットを4社のシステムサプライヤーへの取材から解説しています。そのうちCCソフトウェアサービスの責任者Alberto Martínez氏は、Bystronicがこの分野のリーダーの一人であるとコメントしています。「アジリティ」、「アクセラレーション」、「実現可能なソリューション」、「顧客への明確なフォーカス」をMartínez氏はキーワードとしてとらえています。そして板金加工業界の未来は、デジタル化の助けを借りて作っていくと考えています。記事本文中では次のよう述べています。

「デジタル化はどんなプロセスにも適用でき、板金業界も例外ではありません。生産工程が常に変化し頻繁かつ速く動く環境においても、デジタルツール、特にデジタルシステムは敏捷性と加速性を提供し適応できます。つまりデジタル化されたシステムは、変化する状況への適応を促進し、加速させることができます。また個々の従業員にとってもメリットがあると考えています。レスポンスタイムの短縮と情報の充実は業務の効率化と生産性につながります。その為、より正確な意思決定が可能となり、変化する環境に効果的に適応することができます。」

またBystronic はシステムを設計する際に明確なターゲットを絞っています。顧客側から見るとメーカーが自社の状況に合うデジタル化やプロセスの改善、付加価値向上のためのガイダンスを提供してくれることを期待しています。つまり、働き方やプロセスの成熟度、定義、製造に対するアプローチ、従業員のデジタル意識などに基づいて、自分たちのニーズに合った提案を望んでいます。その為ソフトウェア・ユーザーよりもアプリケーション・ユーザーに焦点を当てる必要があると考えています。

顧客固有の材料やデータフローをカバーする、機械、自動化、およびソフトウェアを統合した実現可能なソリューションを提供しています。単体機とソフトウェアのアプリケーションから、完全に自動化されたスマートファクトリーまで、あらゆるレベルのプロジェクトをモジュール式のポートフォリオなら実現することができます。Bystronicのポートフォリオには、多くのAIアプリケーションが主に切断技術の分野で含まれています。実行されるジョブはアダプティブ・プランニングという概念を応用しており、インテリジェントな方法で計画され、機械故障、予期せぬエラー、緊急のジョブなどの外的原因に対応し、必要な場合は自動的に再構成します。

クッキー(Cookie)設定

Bystronic は、ウェブサイトの運営を保証するための「必須クッキー」、ウェブサイトでのお客様の体験を最適化するための「プリファレンスクッキー」、およびソーシャルメディアなどでのマーケティング活動をパーソナライズするために第三者によって使用される「マーケティングおよび分析クッキー」を使用しています。
お客様は、各ページの下部にあるリンク「クッキー設定」をクリックすることで、いつでもクッキー設定を変更することができます。クッキーに関する詳細情報は、当社のプライバシーポリシーをご覧ください