Bending Cell: Xpert Pro プラス・オートメーション

Bending Cell: Xpert Pro プラス・オートメーション

2020年02月

Bystronic はプレスブレーキ Xpert Pro を拡張して 全自動 Bending Cell とします。Bending Cell により種々変化するジョブを効率的に誤りなく実行することができます。

板金加工業界は圧力に曝されています。製造コストを低く抑え、しかもその影響が品質に及ばないようにすることが要求されます。同時に形状、寸法、加工数もますます多様になってきていて、それに対応して柔軟性を高めなければなりません。競争力を維持するためには、プロセスの自由度を高め、特にオートメーションを実現する必要があります。Bystronic Bending Cell により、そのどちらも同時に満たすことができます。

全自動 Bending Cell  をお使いになれば、小さな加工工場のお客様も大きな加工工場のお客様も、最高の効率と柔軟性の曲げ加工を実現できます。モジュール構造の Bending Cell は、工場の要求条件に個別的に適合させることができます。Bending Cell はジョブリストの処理にも、小ロットから大ロットまで変化する各種ジョブの切り替えにも最適です。この使いやすいロボットは、ハイエンドのプレスブレーキ Xpert との組み合わせによって全自動で誤りなく曲げ加工ジョブを遂行します。

オートメーションによる時間の節約

Bending Cell は手作業を最小限に抑え、利用できるリソースを最大限に活用します。7 軸ロボットはグリッパーや金型を自動的に交換するだけでなく、どのようにすればジョブを最も効率的に処理できるかを知っています。すなわち、 インテリジェントなソフトウェアが、各ジョブリストに対して自動的に金型の最適使用順序を決定するのです。これによって時間が最大 30% 短縮できます。

Bending Cell は、最初にオフラインでプログラミングを行った後は完全に自律的に作動します。ロボットが曲げ加工を実行している間に、オペレーターは他の作業、たとえばシートメタルや金型のフィードまたは取り出し、レーザ切断機や溶接機の操作などに専念することができます。その間に Bending Cell は所定の加工を確実に遂行します。Bending Cell はインテリジェントな補正機能によって繰返し精度がきわめて高いため、品質チェックにおける思いもよらないトラブルは過去のものとなります。最初のワークも 1000 個目のワークも同じように完璧です。