レーザ切断機

レーザ切断

レーザ切断

レーザ切断は、シートメタル加工のための熱的な切断工法です。レーザビーム レーザ源(レゾネータ)において生成され、伝送ファイバまたはミラーを 介して機械のカッティングヘッドに導かれ、レンズを用いて高出力な微小スポット 集光されます。この集光されたレーザビームがシートメタルに照射さ れ、溶融させます。

Bystronic では、ファイバレーザと CO₂(炭酸ガス)レーザの 2 種類のレーザ源を採用しています。

ファイバレーザ

ファイバーレーザは最も効率の良いレーザ切断方法といえます。レーザビームが増幅ファイバー内で生成され、伝送ファイバーを経て機械のカッティングヘッドに導かれます。ファイバーレーザは、CO(炭酸ガス)レーザよりも小型で、同じ電気量で何倍もの出力を引き出します。ファイバレーザ切断システムは、軟鋼、ステンレス鋼、アルミニウムおよび非鉄金属(銅および真鍮)製の薄板から厚板の加工に最適です。

ファイバレーザ
CO₂ (炭酸ガス)レーザ

CO₂ (炭酸ガス)レーザ

CO₂(炭酸ガス)レーザでは、レーザビームを生成するのに混合ガスを使 用します。レゾネータ内で必要とされる高電圧は、摩耗フリーの半導体 励起モジュールを用いて生成されます。Bystronic では、このモジュール が従来のソリューションよりも小型で効率的、信頼性が高いモジュールを、 採用しています。CO₂テクノロジーは、様々な素材および厚さのシートを 加工するオールラウンダーに適しています。

Bystronic レーザ源

Bystronic ならではの様々な高出力レーザ源を豊富に取り揃えております。すべてのレーザは、高品質で、高効率であり、とりわけエネルギー効率に 優れています。製品レンジには、ファイバレーザと CO2(炭酸ガス)レーザの 2 種類あります。

Bystronic レーザ源