チューブ加工

無制限の用途

あらゆる加工におこたえします

様々なパイプおよびプロファイルの加工が可能です。自動車産業、家具、建築、石油化学産業あるいは産業用車両の製造など、業種は問わず広く適用できます。
パイプおよびプロファイルのレーザ加工は、自由な加工形状を実現し、多くの産業分野で貢献することができます。

直径12~610 mm、最大長さ 14 m までのパイプやプロファイルの加工に対応した Bystronic のパイプ加工
ソリューションは、少量生産および大量生産を問わず豊富な選択肢をご提供します。

CO₂ (炭酸ガス)およびファイバーレーザ技術

あらゆる要求に適切な切断技術を提供します。材料、ご希望の切断品質および生産性に応じて、ユーザーの皆様は CO2(炭酸ガス)レーザ切断システム、あるいはファイバレーザ切断システムのいずれかをお選びいただけます。

ファイバレーザは、薄い材料厚で高い切断速度を達成します。さらに、消費電力が低くてメンテナンスの必要性もわずかです。このレーザ切断技術の特長が、鋼、ステンレス鋼、アルミニウム、および銅あるいは真鍮といった非鉄金属の加工を可能にします。

CO2(炭酸ガス)レーザは優れた切断品質が特長です。ふさわしい用途として、厚さが中程度から厚い材料の加工を挙げることができます。レーザビームは、バリがなく筋目の発生の少ない卓越した切断エッジを生成します。このため、加工済みのワークピースは後加工なしで次の工程へ送ることができます。

CO₂ (炭酸ガス)およびファイバーレーザ技術
2D および 3D 加工

2D および 3D 加工

2D および 3D レーザ切断技術をお選びいただけるので、丸形、正方形および矩形のパイプ、さらに種々の開放断面(例:HLT および U 断面)プロファイルなどさまざまなワークピースの独自で精密な切断加工が可能です。3D 技術はまっすぐな切断エッジだけでなく、45° までの傾斜にも対応できます。この多様性が、条件の厳しいフライス加工、穴あけ加工、打抜き加工あるいは鋸引き加工にとって代わります。