Bystronicオープンハウスイベント、アジア各国で開催

Bystronicオープンハウスイベント、アジア各国で開催
Archived

2019年05月

先日、アジア圏のBystronic拠点において、数日間にわたり内覧イベントを開催いたしました。日本、韓国、そして中国で行われたオープンハウスの模様をご報告します。

今回の3か国の同時期開催は、単独のオープンハウス開催よりもさらに良い効果をもたらしました。これは東京(日本)、安山(韓国)、天津(中国)の各拠点のチームが今回開催したオープンハウスイベントに感じた点かもしれません。他の多くの国も、これらの社内イベントを定期的に開催し、お客様との関係つくりに役立てています。通常、弊社の内覧会は各国のデモセンターで行われます。ここでは、ご来場いただいたお客様へ最新の技術をご紹介し、近くから実機をご覧いただき弊社の製品技術を体感いただく場になっています。

日本: Bystronicブランドの認知度を高める

日本のオープンハウスは、4月18日から19日の2日間に渡って開催いたしました。バイストロニックジャパンはBystronicグループ内における新しい販売拠点のひとつです。2016年に事業を開始以来、展示会への出展や内覧イベントを開催してきましたが、こうした取り組みの中で少しずつ弊社Bystronicブランドを市場やお客様からご認識いただけるようになってまいりました。日本の板金加工業界では、品質面に対して重きを置く会社が多い現状をグループ内においても市場のニーズとして把握しています。 特にレーザ切断および曲げにおいては、全加工工程にわたり品質、精度、およびプロセス信頼性が求められる点も認識しています。また国内では労働コストの低減や人不足の解決の為、弊社の自動化ソリューションに対してもさらに高い関心を寄せていただけるものと考えています。

弊社は、これらの厳しい市場要求を念頭に置き、今回は10キロワットのByStar Fiber 3015という高出力ファイバーレーザ切断機を初お披露目いたしました。生産性の格段の向上により部品単価のコストカットを実現します。またプレスブレーキは、弊社の中型機Xpert 150、自動ロボット付き小型プレスブレーキのモバイルベンディングセルをご紹介いたしました。最大のパフォーマンスで切断と曲げの両方からお客様へ最適なご提案をする場となりました。

1

韓国:ファイバーレーザや自動化に関心のある顧客

韓国では、CO2レーザ切断法を使用している板金加工会社が未だ多くあります。さらに、多くの産業が急速に成長していると同時に労働コストも上昇しており、特に農村地域では熟練した人手が不足していることが多い為、切断と曲げ加工の自動化はこれからの新たなトレンドになっています。これらに対して新たなご提案をする為、ソウル近郊のデモセンターで4月9日から10日の2日間に渡りオープンハウスイベントを開催いたしました。

韓国チームは、ハイエンド・セグメントとエントリー・レベル・セグメントの両方のユーザー対して対応できる幅広い製造ソリューションをご提案しました。今回ご用意したシステムは、高出力10キロワットのファイバーレーザ切断機ByStar Fiber 3015と自動化ソリューションByTrans 3015 Extended、および出力4キロワットのエントリーモデルファイバーレーザ切断機BySmart Fiber、プレスブレーキは、自動ロボット付きモバイルベンディングセル、Xpert 150、Xact Smart 160。さらに弊社のソフトウェアやサービス、TTM Laser、Antilに関するブースを設置しご来場のお客様へ情報をご提供しました。

ファイバーレーザ切断のソリューションについては、特に切断品質、自動化ソリューション、そして廃棄物をできるだけ少なくしながら原料を加工する方法に対して多く反響を頂戴しました。これらは弊社のソフトウェアBySoft 7およびByStar FiberおよびBySmart Fiberレーザ切断システムの機械本体のプロセス品質が、ユーザーの日常のオペレーションを効率良くします。

2

中国:「スマートファクトリー」と技術の未来型ビジョン

中国の天津でも日本と同じく4月18日から19日の2日間に渡りオープンハウスイベントを開催し、こちらは自動化・ネットワーク化の現状に着目した内容にでした。2日間で延べ150人以上のご来場があり、弊社 CEO Alex Waserも参加いたしました。

弊社が掲げる「スマートファクトリー」の新コンセプトのご提案に加えて、天津のチームは、中国で開発・生産された最新のレーザ切断・曲げソリューションもご紹介いたしました。これらのラインナップには、ファイバーレーザ切断システムBySmart Fiber、曲げシステムに関してはXact Smart、Xpressがございます。また、機械に対応する自動化ソリューションを追加装備することでそれぞれのレーザ切断および曲げ機械をさらにサポートできる点がご来場いただいた多くのお客様から高い反響を頂戴いたしました。

ファイバーレーザ切断・曲げ加工事業へ参入したいとお考えのお客様へ、その第一歩として汎用性の高い弊社のシステムをご提案して参ります。受注量拡大やビジネスの展開に適合するように連続的な拡張や柔軟なシステムの追加が出来ることが重要と考えております。 段階ごとに対応する自動化モジュールを用いてお客様の生産性をさらに向上させることが可能です。

3